坐骨神経痛 - 横浜市で整体なら鶴見の整体サロンケアfine【横浜市鶴見区】

サイトマップ

TOP > 主な適応症 > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

椎間板ヘルニアの症状の一つである坐骨神経痛。
坐骨神経痛により苦しんでいる人はたくさんいますが、坐骨神経痛とはどのようなものでしょうか?

坐骨神経は、モモの後ろを通り膝の裏側で二手に分かれ、足先まで続いている末梢神経の中で最も長くて太い神経です。

足の皮膚感覚やカラダのバランスを取るために大きな役割があります。
坐骨神経痛は、この坐骨神経を何らかの原因で圧迫される事により引き起こされます。

坐骨神経痛になると腰から足先にかけて痛みやしびれが起こり、その痛みはじっとしていても続くため寝ることができない人もいるほどです。

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアの他にも変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、脊椎ガン、リウマチなどの疾患がある場合にも起こります。

椎間板ヘルニア坐骨神経痛が起こるのはなぜ?

椎間板ヘルニアは、椎間板の繊維輪から髄核が飛び出したり、膨張してしまう病気です。
その椎間板ヘルニアが腰椎から出ている坐骨神経をどこかで圧迫してしまうために坐骨神経痛が起こります。

椎間板の繊維輪は後側が弱くできているため、髄核が椎間板の後ろ側に飛び出す事が多く、それが坐骨神経を圧迫するために痛みが起こるケースが多いです。

左右のどちらかに発症するのが一般的ですが、椎間板ヘルニアの大きさや発症箇所によっては両側に坐骨神経痛が起こる場合もあります。

当院では、痛み・痺れの緩和と共に神経が圧迫されないような状態をつくる施術を行います。

坐骨神経痛でお悩みならケアfineにお任せ下さい。
住所:横浜市鶴見区豊岡町22−27サンワイドビル202
TEL:045−582−7114

営業時間:平日 AM10:00〜PM21:00/土・日 AM10:00〜PM19:00
定休日 火・祝
アクセス方法:JR鶴見駅の西口より徒歩3分/京急鶴見駅より徒歩6分
横浜市鶴見の整体TOP