栄養ドリンク/整体の豆知識

横浜整体サロンケアfineは鶴見の整体です

こんにちは。整体サロンケアfine代表の本間です。

今回は栄養ドリンクに関する豆知識を紹介!!

ファイトー、いっぱーつ!!
お馴染の栄養ドリンク、なぜこんなに効くのでしょう?

もしかして「よしっ飲んだぞ」という心理的作用だけなんでしょうか?

そこで、ドリンク剤の成分を考察してみましょう。
商品によって違いはありますが、よく含まれているのは以下のようなものです。

アルコール

アルコール0.9ml以下などと表示してあります。
アルコール入りのものは、飲んですぐ元気になりたいという短期的効果を狙うときに効きます!
一種の興奮剤のようなものだと考えられますね。
ただ、効き目がきれるとドッと疲れが押し寄せます。

ビタミン補給が目的の場合や、体の慢性的な不調を改善したいなら、アルコールがなくビタミンがたっぷり配合されたものを飲むとよいと思います。
よく耳にする生薬には、ニンジン、ローヤルゼリー、イカリ草などがあります。
強壮強精、食欲増進などの作用がありますよ!

タウリン

タウリンはカキなどの食品の中に多く含まれるもので、副作用もなく、積極的に摂ると肝臓の機能を高めてくれるそうです。
さらに血液中のコレステロールを下げて生活習慣病の予防にも役立つというスグレモノらしいですよ!
近年、薬や栄養剤にどんどん取り入れられるようになってきている、話題の栄養素です
(成分表にはアミノエチルスルホン酸と表示されています)

さて、定期的に飲むことによる害はあるかを考えてみましょう。

成分として含まれているアルコールやカフェインは嗜好品であるため、依存症になる可能性があります。
また、ドリンク剤には脳の働きを活性化させる(頭をスッキリさせる)ために、糖分がたくさん含まれているものも多く、毎日飲みつづけると糖尿病につながる可能性もあります

何日も飲みつづけるのは避けましょう!
カラダは正直です。
無理をすればその分、反動がきます。
明日がレポートの提出で、“何が何でも今晩中に書き上げなければならない、でも今晩だけ頑張れば明日の夜はゆっくり休める”時ぐらいに控えるようにしましょう

効きにくい体質だからなどと、まとめ飲みするなんてのは絶対に止めましょう!
カフェインによって血中濃度があがり、イライラや頭痛を起こすなど、副作用を起こす原因になります。

以下のことにも気をつけましょう

1風邪薬や気管支拡張剤と一緒に飲まない
カフェインと、これらの薬の成分との相互作用により、頭痛を起こすことがある。

睡眠薬や血糖下降剤(糖尿病治療薬)と一緒に飲まない
アルコール入りのドリンク剤の場合、これらの薬を一緒に飲むと、睡眠薬の効力が強くなりすぎたり、血糖のコントロールができなくなることがある

神奈川県横浜市鶴見区の整体ホームページはこちらから 神奈川県横浜市鶴見区の整体
横浜市鶴見区の整体。JR鶴見駅より徒歩1分の整体で川崎からもアクセス良好です

ブログランキングにご協力下さい。(下記をクリック) にほんブログ村 整体


サッカー南アフリカW杯

サッカーW杯/日記

神奈川県横浜市鶴見区/整体サロンケアfine

こんにちは。
整体サロンケアfine代表の本間です。

今年も気がついたら、もう4月になりました。
今日は、あいにくの雨なので少し肌寒いですが・・。

今回はサッカーの話題を一つ。

6月から行われるサッカーW杯!非常に待ちどおしいです。

Jリーグも開幕し、みんな最後のアピールに奮闘してますね。

怪我とかせずに存分にアピールしてもらいたいですね☆

こないだベッカムがアキレス腱断裂した時は非常にSADでした(;;)

ベッカムほど今回のW杯に出場したかった選手はいないんじゃないですかね(・・?)

本当に残念です。

この間、中村俊輔選手も打撲してましたし。
選手たちにとって、この時期は怪我が一番怖いと思います。

今月末には選手発表されてると思うW杯!

じゃあ、日本戦はいつやるんだ!?

そんな質問に今回はアンサーを用意しました(笑)

以下、日本戦の日程

VSカメルーン

6月14日(月)23時から

VSオランダ

6月19日(土)20時30分から

VSデンマーク

6月25日(金)3時30分から

さて、3チームとも格上です!!

日本チームの奇跡に期待しましょう!!

後日、予想のせてみよう・・。終

JR鶴見駅(東口)徒歩1分の整体サロンケアfineのホームページはこちらから 鶴見駅から徒歩1分の整体院

ブログランキングにご協力下さい。(下記をクリック) にほんブログ村 整体


整体の豆知識/花粉症

整体の豆知識/花粉症について

神奈川県横浜市鶴見区の整体サロンケアfine

花粉について/花粉症とアレルギー

花粉の種類

花粉症の原因となる花粉の種類は80種位と言われています。花粉の種類として、樹木と草花から発生する花粉と大別されます。日本ではスギ花粉が一番多く樹木としては代表的なものが、スギ、ヒノキ、ハンノキ、ブナ、マツ、イチョウで、草花の花粉はク科のヨモギ、ブタクサ、セイタカアワダチソウ、イネ科のカモガヤ、ハルガヤ、アサ科のカナムグラ等です。

花粉の時期

日本では12月を除いてほぼ1年中花粉症の原因である花粉が飛散しています。2月頃からスギ花粉の飛散が始まります。春のスギ、ヒノキ、秋のイネ科植物の花粉時がピークになります。日本ではスギ花粉症患者が多く、国民の4人に1人がスギ花粉症と言われています。

花粉症の症状

まず目のまわりがかゆくなり、まぶたがはれぼったくなり、結膜がはれます。重症になると結膜に浮腫が生じます(外から目が見えないくらいにはれる)。かゆいので擦ったり、かいたりするとさらに悪化し、結膜や角膜を傷つけ、目がゴロゴロしたり、かすんだり、まぶしく感じたり、痛みが出たりします。ときには涙の洪水に襲われます。このほか鼻、のど、気管支、胃腸にもさまざまな症状が現われ、全身の倦怠感や発熱が出る場合もあります。

免疫とアレルギー

ヒトは外部の異物(たとえば細菌やウイルス)や、異常な細胞(ガンの原因になることもある)が発生したときに体の中に抗体を作り、異物や異常細胞を排除する免疫という機能をもっています。免疫は本来、生体にとってプラスの働きをするはずなのに、時と場合によってはマイナスの働きをして病気を起こしヒトを苦しめます。これがアレルギーです。  抗体の1つであるIgE抗体(アイジーイーこうたい)は、普通のヒトには全く害のない花粉などに対して過敏に反応し、アレルギーを起こす悪役として有名になりました。IgE抗体を多く作りだす体質のヒトがアトピー体質、あるいはアレルギー体質と呼ばれます。

最近、頻繁に花粉症の方をみかけますよね。
僕は、慢性鼻炎を持っていますが花粉症ではないと勝手に思っています(笑)

ただ、最近は慢性鼻炎の症状もほとんど出にくくなった気がします。
以前はティッシュを一日に1箱使うのが頻繁にありました。

花粉症も鼻炎もアレルギーです。免疫力が高まれば、症状は極力抑えられます。

猫背などになると免疫力<が低下しがちなので、良い姿勢を心がけるのも一つの花粉症対策になります。

僕の場合は、疲労の蓄積などで背中の動きが硬くなったときに鼻水やクシャミがでます。

正しい姿勢を心がけ疲労やストレスを取り除く事で、自己免疫力を高めていきましょう!

横浜市鶴見区の整体サロンケアfineのホームページはこちらから 整体サロンケアfineは横浜市鶴見区で人気の整体

ブログランキングにご協力下さい。(下記をクリック) にほんブログ村 整体


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21